Pocket

メガネ産業で有名な福井県鯖江市。
メガネフレームの国内生産シェア9割だそうです。

今日は鯖江市のSDGsの取り組みについてご紹介します。

まず、最近よく目にするSDGsのバッジ。
「ホイール」と呼びますが、
鯖江市考案のホイ ールは
メガネのデザインになっています。

SDGs17の目標を、左右各8目標に分け、
それらを目標5 「ジェンダー平等の実現」の
ブリ ッジでつないでいます。(Cool!!)
『めがねのまちさばえ』らしく、
一つのレンズで世界の動きをとらえ、
もう一つのレンズで
地域を考え、行動することを
意味したマークです。

鯖江市は、2019年に
SDGs未来都市に選定され、
「女性が輝くまち」を宣言しました。
元々、福井県は女性の就業率・労働力率・
共働き率が全国1位であり、特に20代から
40代前半にかけての女性の就業率は、
女性活躍先進国であるスウェーデンを
上回っていて、中でも鯖江市は、
県内トップの就業率だそうです。

行政も積極的に地元の女性たちの参画を
進めていて「鯖江市役所JK課」や
「鯖江市OC課」 を設置しています。

JKは女子高生、OCはおばちゃんのことで、
若者や女性の行政への積極的な参加を
促進しているようです。
「不謹慎な!」なんて言わないでください。
ふるさとづくり大賞で「総務大臣賞」を
受賞している、お墨付きの事業ですので。

もちろんジェンダーバランスを考えて、
男子の参画する企画もあるそうです。

町ぐるみのSDGs推進の事例として
参考になりますね。
皆さんの街も、地元の産業や
特産物を中心にして、
SDGsのつながりができるといいですね。